職員インタビュー 竹嶋俊介さん

職員インタビュー
 

長渕園 介護ユニットリーダー
22歳で長渕園に入職し現在11年目の33歳。
趣味:生き物を飼うこと、水族館、お酒を飲むこと

 

Q1,介護の仕事を目指すきっかけは?

母方の祖母には体に障害があって、当時アパートで1人暮らしをしていました。
平日はヘルパーさんを雇っていて、週末に母が祖母の家に行って介護をしていました。
母親が祖母の介護をしていて、家で介護する大変さを知っていたので、そういう方の力になれたらと思って介護の仕事に興味を持ったのがきっかけです。
祖母が短期入所することがあるとよく面会にも行っていたので、老人ホームは身近な存在でした。

 

Q2,実際に介護の仕事をしてみてどんな印象を持ちましたか?

面接のときの施設の説明と実際に働くのとではもちろん違いがありました。
時間に追われることがありますし、自宅での介護と特養という施設での介護とではギャップはありました。

 

Q3,長渕園で働くことになったきっかけは?

大学生のときに青梅市の就職説明会に参加しました。
そこに長渕園の求人があって、説明してくれた当時の長渕園の介護長の印象が良かったので面接を受けてみたら採用されました(笑)

 

Q4,実際に入社してみての印象は?

リーダー層がしっかりしているというのが長渕園の最初の印象です。
OJTもしっかり教えてもらいました。
職員は忙しいながらも、利用者さんのことを考えて動いているなあと感じましたね。
研修にも行かせてもらって勉強になりました。

 

Q5,現在のお仕事の内容を教えてください。

メインは利用者さんの介護です。
他にリーダーとして、職員の管理を行っています。
働きやすい環境をいかに提供できるかを考えて仕事をしています。
具体的には、無駄を省くこと、業務の見直し、手順書の見直し、ご家族へ送る書類のチェックなどを行っています。

職員インタビュー

 

Q6,この仕事のやりがいを教えてください。

やっぱり利用者さんのためになったと実感できることでしょうね。
ご飯をぜんぜん食べられなかった方が、ケアを変えたら食べることができるようになったり、寝たきりで病院から退院してきた方がトイレに行けるようになり元気になったり。
『ありがとう』とか『次いつ来てくれるの』など利用者さんからの言葉は励みになります。
介護という仕事は人と人との関係なので、利用者さんから言葉や態度が返ってくると嬉しいですね。

 

Q7,うれしかったエピソードはありますか?

長渕園に入って2・3年目に3階フロアから2階フロアに異動になりました。
そのときに利用者さんに2階に異動すると告げたら、『行っちゃうの』と言われたときは嬉しかったです。

 

Q8,ズバリ、長渕園の魅力は?

積善会には、特養の他にデイサービスなど様々な介護サービスを提供する事業所と施設がありますので、色々な理想を持って入職される方に対応できる魅力があると思います。
施設長との距離が近くて話しやすく気さくに話しかけてくれるのもいいところだと思います。
他の施設経験がある職員に聞くと、他の施設は施設長と距離感があるところが多いと聞きました。
研修が多いのもいいところですね。

 

Q9,これからの仕事上の目標を教えてください。

新人さんのモチベーションになる存在、こういうふうになりたいというお手本になりたいというのが目標です。
また、利用者さんから慕われる存在にもなりたいと思っています。、
福祉・介護には様々な資格がありますが、ケアマネになることは現在考えていません。

 

Q10,求職者へメッセージをお願いします。

介護に興味があって長渕園に入職することを考えている方なら、研修が多く、資格取得の補助もしっかりしているのでオススメです。
別の施設から来た職員は、給与がいいと多くの人が言っているので、そこも魅力かもしれません。
職員の年齢層がばらけていて、どんな年代の人が来ても溶け込みやすいと思います。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー